文字サイズ
小中大
 
 
 
 
施設紹介動画バナー2
それいけ!ひこぼしくん
枚方市地域資源マップ
枚方市地域資源マップ
地域の特産物や産業集積さらに、歴史・文化、観光・景観など枚方にあるたくさんの資源、これらの相互連携が新たな商品やサービスの開発につながることを願って地域資源マップを作りました。

貸室
貸室のご利用について
各種会議、セミナー、面接の他各種教室、展示、販売等にもお使いいただけます。(保育室完備)
貸室の詳細ページへ
施設予約についてのご案内



枚方市施設予約システム
枚方市立地域活性化支援センター
所在地・連絡先
〒573-1159
枚方市車塚1丁目1番1号
輝きプラザきらら6階
枚方市立地域活性化支援センター 
(管理事務室)
TEL:tel
FAX:fax

【開館時間】
(月曜日~土曜日)
 9:00~21:00
(日曜日・祝日)
 9:00~17:00

枚方市立地域活性化支援センター概要
交通アクセス
お問合せ

関連する情報リンク
枚方市(産業振興室 商工振興課)
枚方市(地域経済動向調査)
枚方市ものづくり企業支援総合サイト
ミラサポ

枚方市勤労市民会
RSS
 
 
経営相談
創業や経営に関する無料相談を行っています。

【なでしこサポーター】サポート事例/利用者の声

枚方なでしこサポーター利用事例/利用者の声


「なでしこサポーター」は女性ならではの視点を生かし、女性経営者と一緒になって問題を解決する、枚方市の新しい経営相談の取り組みです。
起業や新たな取り組みに向けて背中を押したり、あるときは敢えて立ち止まり考えることを促したりと、経営者の状況に寄り添いサポートを行ってきました。
その取り組みや利用者の声を紹介します。

なでしこサポーター

なでしこサポーター
高松留美 -中小企業診断士-「『やりたい』を『できる』に変える」
資金繰り、与信額設定など、経営に欠かすことのできない資金計画のアドバイスをします。

川崎ますみ -中小企業診断士・販売士1級-「お店を笑顔に 会社を元気に」
コンセプト・立地・ディスプレイ・オペレーションなど、お店に関わるあらゆることを支援します。


 
 

Case #1 【課題を見つけるのに役立った、開業準備へ前進】

利用者:カフェ創業予定

相談窓口を訪れたとき、女性サポーターの存在を知りました。
経営戦略や強み・弱みのヒアリングをもとに、事業計画の立て方、資金繰りなどについてアドバイスをいただきました。やりたいこと・できること・やるべきことが明確になり、出店にかかる費用や銀行で融資を受ける際の注意もわかりました。
廃業も多いと聞きますが景気に左右されないカフェを目指し、カフェスクールで学び、地域でカフェを開く先輩の方々にもお世話になり、開業の準備に取り掛かっています。

Case #2 【気軽に相談できた、夢を胸に活動中】

利用者:ベーカリーショップ&カフェ創業予定

“カフェ経営”がテーマのセミナーに参加したときに女性サポーターを知り、女性なので話しやすい気がして相談を申し込みました。
事業計画作成について相談しました。とても気軽な雰囲気で話ができ、親切ていねいに、そして具体的なアドバイスをいただき、将来の開業に向けての資金や期間、検討すべきことがわかりました。
今はじっくりと計画を練りながら、地元商店街のシェア型カフェで月1回程度手作りパンの販売を続け、夢の実現を目指しています。

Case #3 【経営の数字を見直し、経営力向上】

利用者:カフェ経営

相談のきかっけは補助金の申請でした。
消費者のニーズが変化していくなか、兼ねてから改装を考えており、申請のため事業計画書の書き方について相談をしました。
事業計画書の作成サポートはもちろん、作成過程でいただいたアドバイスにより、自社の経営状況を数字にして改めて考えたり、従業員とじっくり話す機会を持つことができ、結果的にお店の経営力向上につながりました。

Case #4 【新店舗への移転にあたり、プラスアルファの提案にも満足】

利用者:美容院経営

店舗移転を控え女性目線で、プロからの診断を受けたくて相談しました。
新店舗での体制の確立、顧客の獲得と安定化、資金繰りなどについて相談しアドバイスをいただきました。また、お店の印象に関わる点や店内レイアウトについても、具体的でとても良い意見をいただきよかったです。
今後とも、このサポーター制度を無くさず、創業ビジネスにかける皆様が活用されて更なる前進となりますよう、お願いいたします。

Case #5 【新事業展開と既存事業強化、優先順位を付け行動力アップ】

利用者:エステティックサロン経営

知人の紹介で女性サポーターを知り相談しました。
新規事業であるソシオエステティックの営業方法やパンフレット訴求内容の改善、アプローチ先の提案をいただきました。並行して既存のエステティックの単価やリピート率アップ策のアドバイスもいただき、それぞれ行うべきことが明確になったことで、優先順位を決めて行動することができました。
少しずつ効果がでつつあります。相談して大変よかったと思います。

Case #6 【課題であった集客、アイデアをもらい改善へ】

利用者:タブレット・スマートフォン・パソコン教室経営

相談のきっかけはチラシでした。「無料相談」だったので気軽に申し込みました。
集客するために、受講生となるターゲットの需要調査の方法、楽しい体験を提案するチラシやPOP作り、看板の設置についてなど、いろいろとアドバイスやアイデアをいただきました。
今後も顧客ニーズの把握に努め、集客方法を改善していきたいと思います。

Case #7 【サポーターと出会い、課題解決へ具体的に動く】

利用者:結婚相談所経営

「広報ひらかた」で「なでしこサポーター」を知りました。
今後の経営の見直しを考えないといけなかったので、アドバイザーが必要だと思っていました。そんな時に「なでしこサポーター」に出会え、経営戦略について相談し課題を見つけることができ、さらに課題解決の提案をいただけました。
今後は課題の1つである情報発信力をSNSも活用し充実させていきたいと思います。